Doreming > Schedule > Work Aggregation > タスクの作業内容集計

タスクの作業内容集計

img

1 year ago 更新

【管理者向け】

タスクの作業内容集計機能の説明です。

タスクの作業内容ごとに時間の集計を行なうことができます。

※作業内容の集計を行うためには、作業内容のマスタを事前に登録しておく必要があります。
作業内容管理については、こちらをご確認ください。

例えば、ミーティングに費やした時間を知りたい場合などに活用いただけます。

また、タスクを予定・実績に分けて集計しますので、予定通りの時間で作業が行われたのか確認することもできます。

表、円グラフ、棒グラフと表示を切り替えにも対応していますので、視覚的にもわかりやすくデータをご確認いただけます。

集計内容のエクスポートにも対応しております。詳しくはこちらをご確認ください。


  1. シフト作業内容集計をクリックします。


  2. 画面上部の検索エリアをクリックし、確認したい作業内容を指定します。



    グループ:特定のグループを指定します。
    スタッフ:スタッフを指定します。(指定できるのは一名のみです)
    日時指定:日・月・期間を指定します。(初期値では表示月が選択されています)
    支給日グループ:支給日グループを指定します。
    作業内容:指定した作業内容のみ表示します。
    作業内容タグ:指定したタグの作業内容のみ表示します。
    勤務時間外タスク:未出勤の状態で登録されたタスクを指します。

  3. 作業内容集計が表示されます。
    表、円グラフ、棒グラフに切り替えて表示ができます。

    勤務内タスク時間 勤務中に行われたタスクのみ集計します。
    タスク時間 勤務時間外タスク*1も集計されます。

    【表示形式:表】


    【表示形式:円グラフ】
    どのタスクにどの程度時間を費やしたかをひと目で把握できます。
    下図のように予定通りにタスクが行われなかった場合は、なぜ予定通りに行われなかったのか探ることで業務の改善に繋げることができます。


    【棒グラフ】
    予定と実績の差分がひと目で把握できます。
    予定通りに作業が進んだのか、容易に確認ができます。



*1 勤務時間外タスク:未出勤の状態で登録されたタスクを指します。
例)休日に前乗りで出張先に移動する場合などのタスク

この記事は役に立ちましたか?
Scroll