Doreming > Shift > Shift (function list) > シフト|シフトパターン作成、シフトパターンインポート

シフト|シフトパターン作成、シフトパターンインポート

img

3 months ago 更新

【管理者向け】

シフトパターンを登録しておくと、シフト登録が簡単になります。
シフトの時間を入力する代わりにパターン記号を入力することで、簡単にシフトを組むことができるようになります。日勤、早番、遅番などよく使う勤務パターンを登録してお使いください。


シフトパターンの登録

  1. シフトシフトパターンをクリックします。
    シフトメニュー右の歯車アイコンをクリックするとメニューが切り替わります。



  2. 画面上部の+パターン追加をクリックします。

    【共通】全グループで使うことができるシフトパターンを作成します。
     ※企業管理者のみ作成可能です。企業管理者についてはこちらをご覧ください。

    【グループ】選択したグループだけが使えるシフトパターンを作成します。



  3. 各項目を入力して登録をクリックします。


    ※パターン記号で指定された文字を使ってシフト入力することになります。英字・数字・漢字・記号が使用可能です。
    4文字以内で指定してください。
    ※パターン名はシフトパターンが後で判別しやすいように指定するものです。シフト入力には使用しません。
    ※労働条件の休憩設定を【シフトで設定】で設定している場合、シフトパターンに設定した休憩時間で休憩が引かれます。
    労働条件の休憩設定を【固定時刻で設定・休憩時に打刻する・勤務時間の長さに応じて設定】のいずれかを設定している場合は、労働条件に設定した内容で休憩が引かれます。シフトパターンの休憩時間は無視されます。

    労働条件の休憩設定はこちらから確認ください。

  4. 一覧に戻ると、追加したパターンが表示されます。

   
 【シフトパターンの修正について】
   登録済パターンの勤務時間・休憩時間の修正はこの画面でパターン記号をクリックした画面で可能です。
   休憩時間を修正した場合、登録済のシフトについて、休憩設定が「シフトで設定」のスタッフについては、
   登録済パターン記号の右上にダッシュが付きます。下記赤枠のイメージとなります。
   (休憩設定が「シフトで設定」以外の場合は休憩時間は労働条件優先となるため変化せず、ダッシュは付きません。)
   


シフトパターンのインポート

1.エクスポートアイコンをクリックし、ファイルをダウンロードします。

   


2.ダウンロードしたファイルを開きます。

   

                                ↓必要に応じて、追加もしくは修正をして保存してください。※今回は赤字を追加しています。

   

   A列 グループコード  全社共通で利用するパターンには「共通」と入力してください。
                グループ特定のものはグループのコードを入力してください。
   B列 パターン記号   シフト登録の際にここで指定された記号を使用します。
               英字、数字、漢字、記号が使用可能です。4文字以内で指定してください。

   C列 飛ばしてください。
   D列 パターン名    管理しやすいパターン名称を指定してください。
   E列 始業時間      シフト開始時刻を指定してください。
   F列 終業時間      シフト終了時刻を指定してください。
   G列 休憩時間1開始   休憩開始時刻を指定してください。 ※1
   H列 休憩時間1終了   休憩終了時刻を指定してください。 ※1
    I 列 休憩時間2開始   休憩開始時刻を指定してください。 ※1
    J 列    休憩時間1終了   休憩終了時刻を指定してください。 ※1
            ※1 労働条件 休憩設定がシフト休憩のスタッフに適用されます。


3.ファイルの種類をCSV(カンマ区切り)で保存します。

4.インポートアイコンをクリックし、ファイルを選択からインポートするファイルを選択し、インポートをクリックしてください。

   
               ↓
    

5.結果が表示されます。エラーメッセージが表示された場合は、メッセージ内容を確認しデータ修正後、再度インポートを実行してください。

   

以上です。
この記事は役に立ちましたか?
Scroll