Doreming > 勤怠 > 打刻とタイムレコーダー > アクセス許可IP設定(固定IP対応)

アクセス許可IP設定(固定IP対応)

img

4 months ago 更新

【管理者向け】

当システムにアクセスする場所を制限したいときに利用するIP制限のご説明です。
当機能を利用するためには、各拠点や各店舗で「固定IP」をご利用いただいていることが前提条件です。

!注意事項
当機能をご利用いただくと、スタッフサイトのタイムレコーダー画面も制限内に入ります。
そのため、一部の営業職の方などだけ外出先で打刻を行うことも行えなくなります。

※ご利用のインターネットサービスプロバイダの固定IP提供については、各サービス事業者にお問い合わせください。


〔1〕タイムレコーダーIDを表示してください。
   
    

〔2〕タイムレコーダーID画面の設定アイコンをクリックします。
  

   

〔3〕一番下の「アクセス許可IP設定」をクリックします。

   

〔4〕制限範囲の設定を行います。
     制限の対象は、スタッフとグループ管理者です。企業管理者は設定を行うため制限範囲外としています。
     詳細は、以下の表をご参照ください。
   

   

 
利用者スタッフ

グループ管理者

企業管理者
利用サイト
アクセス許可設定
スタッフ
サイト
スタッフ
サイト
管理者
サイト
スタッフ
サイト
管理者
サイト
制限しない利用可能利用可能

利用可能

利用可能

利用可能

管理者サイトの利用を制限する利用可能利用可能制限され
利用不可
利用可能利用可能
管理者・スタッフサイトの利用を制限する制限され
利用不可
制限され
利用不可
制限され
利用不可
利用可能利用可能

※タイムレコーダーアプリをインストールして打刻するAndroid(iPhone、iPad)での打刻、打刻専用端末(ピットタッチビス、ピットタッチプロ)での打刻は制限対象外となります。

〔5〕IPの登録は、画面もしくはインポートから行ってください。
    (1)画面から登録
      「+」を押し、名称と拠点のIPを入力し、「更新」をクリックしてください。

            


    (2)インポートで登録
     (2-1)フォーマットをダウンロードし、名称とIPを入力して保存します。

            

     (2-2)名称とIPを入力して保存します。
          !注意
          インポートをご利用の場合、入力したデータと同じ登録状況になります。
          追加ではなく、全件洗い替えになりますのでご注意ください。

              

     (2-3)インポートアイコンをクリックし、ファイルを選択して「インポート」をクリックします。

              

              


IP制限を外す場合
基本情報の「制限しない」を選択し更新をクリックしてください。

    

以上です。
この記事は役に立ちましたか?
Scroll