Doreming > 勤怠 > 振替休日/代休残数管理(機能一覧) > スタッフの労働条件で振替休日/代休の設定を行う

スタッフの労働条件で振替休日/代休の設定を行う

img

3 days ago 更新

【管理者向け】

スタッフの労働条件で振替休日/代休の残日数の管理を行なうかどうかの設定を行ないます。

※振替休日/代休の管理方法は初期値では共通で管理する設定になっています。

スタッフごとに設定内容を変更したい場合は、労働条件の管理単位を【共通】から【スタッフ別】に変えてください。

労働条件の管理単位を変更する手順は、こちらの記事をご確認ください。


  1. 設定ースタッフをクリックします。


  2. 振替休日/代休の残日数を管理したいスタッフの労働条件をクリックします。

     
  3. 設定履歴の中から設定を反映させたい月度がある期間をクリックします。
    ただし、企業締めが完了している月度、及び現在から前後2ヶ月の範囲外での設定はできません。
    ※企業締めは解除することで設定が可能になります。適用開始年月度については、こちらの記事をご確認ください。



  4. 有給付与方式タブを開きます。
    中段の代休・振替休日管理方式にて、管理方法を選択します。



    振替休日・代休それぞれ管理方法を選択します。 
    詳細については、こちらの記事をご確認ください。

    • 【発生日を含む月度から】を選択
      何ヶ月度先の末日まで繰越か入力します。初期値では1ヶ月度先の末日まで繰越す設定になっています。

  5. 適用開始日を選択し、ページ下部の更新をクリックします。
    ※適用開始日は前後2ヶ月の範囲で設定が可能です。


    振替休日・代休の設定については以上です。

    この記事は役に立ちましたか?
    Scroll