Doreming > 勤怠 > 勤務休暇区分 > 平均賃金について

平均賃金について

img

7 months ago 更新

【管理者向け】

有給休暇やその他休暇を平均賃金で支給することができます。
平均賃金は過去3か月の賃金総額÷暦日数で計算されますが、最低保障賃金(過去3か月の賃金総額÷勤務日数)×0.6のほうが高ければ最低保障賃金額で支給されます。
(4月に利用する有給休暇、その他休暇を平均賃金で支給する場合は、1月、2月、3月度の賃金総額で平均賃金を計算します。)

平均賃金を利用するには勤務休暇区分、手当、利用するスタッフの労働条件をそれぞれ設定します。


勤務休暇区分の設定

勤務休暇区分の設定で平均賃金で支給する勤務休暇区分、平均賃金を計算する際の暦日数に含む勤務休暇区分を設定します。

  1. 勤怠勤務休暇区分をクリックします。


  2. 有給休暇の場合はタイプを年次有給休暇、所定内対象区分を対象外、平均賃金の支給対象を対象で設定します。
    有給休暇以外の休暇を平均賃金で支給する場合は、タイプは休暇、平均賃金の支給対象を対象で設定します。

    有給休暇の場合




    有給休暇以外の休暇の場合



  3. 日数の設定×平均賃金額で支給されます。0.5と設定した場合は平均賃金額の半分の額が支給されます。


  4. その他の利用している(有効にしている)勤務休暇区分を平均賃金を算出する際の暦日数に含めるかどうかを設定します。
    含まないで設定すると平均賃金を計算する際の暦日数からその勤務休暇区分の日数が除外されます。


  5. 更新をクリックします。


手当の設定

平均賃金を計算する際の賃金総額に手当を含むかどうかを設定します。

  1. 設定手当・控除設定をクリックします。


  2. 利用している手当を平均賃金の計算に含めるかどうかを設定します。


  3. 手当の名称をクリックし設定します。
    この手当を平均賃金の計算に含めないで設定した場合は、平均賃金を計算する際の賃金総額から除外されます。



  4. 更新をクリックします。利用開始年月度は現在の月度より2か月の範囲内での設定となります。


スタッフの労働条件の設定

平均賃金で支給する対象のスタッフを設定します。

  1. 設定スタッフをクリックします。


  2. 労働条件の名称をクリックします。


  3. 設定履歴から労働条件の名称をクリックします。


  4. 給与ー給与/交通費から画面下部の平均賃金にチェックを入れ更新をクリックします。


勤務実績の登録

平均賃金で支給する勤務区分を登録する時は時間の入力は不要です。




給与明細

有給の場合は有給手当、平均賃金で支給するその他の休暇は休暇支給の項目に金額が表示されます。


この記事は役に立ちましたか?
Scroll