Doreming > 勤怠 > 勤務休暇区分 > 勤務休暇区分の設定

勤務休暇区分の設定

img

3 months ago 更新

【管理者向け】

勤務休暇区分で就業規則に沿った勤務、休暇区分を登録します。


勤務休暇区分の確認と設定

  1. 勤怠勤務休暇区分をクリックします。
    勤怠メニューの歯車アイコンをクリックするとメニューが切り替わり勤務休暇区分が表示されます。


  2. 勤務休暇区分一覧が表示されます。

    ※初期設定では以下の4つが利用可能になっています。(無効になっているのものは背景色がグレーになっています。)
        勤務
        欠勤
        所定休出
        所定休日

    一覧表の表示について
    コード 勤務実績のインポートなどで使用します。
    名称 名称が表示されてます。
    タイプ 勤務休暇区分のタイプが表示されています。
    勤務(打刻有):出勤して実打刻を行う区分
    勤務(打刻無):出張など打刻を行わない区分
    欠勤:半日欠勤などに利用する区分
    休暇:年末年始休暇などに利用する区分(年次有給休暇は下記の専用区分を使います)
    年次有給休暇:年次有給休暇に利用する区分
    所定休出:所定休日に出勤する区分
    法定休出:法定休日に出勤する区分
    所定休日:所定休日を指定する区分
    法定休日:法定休日を指定する区分
    代休:代休を指定する区分
    振替休出:振替休日に出勤する区分
    振替休日:振替休日を指定する区分
    所定内対象区分 当該区分を残業計算の対象かどうかを表示します。
    限度超過残業対象 ✓チェックマークが入っている場合は、60時間残業の計算に含みます。
    有給出勤率対象 ✓チェックマークが入っている場合は、有給休暇を付与する際の出勤日数に含めます。
    利用区分 有効/無効が表示されます。無効の場合は背景がグレーになっています。
    ↑↓アイコン ↑↓アイコンをクリックしながらドラッグすることで、並び替えが行なえます。


  3. 名称をクリックすると、詳細画面が開きます。
    利用区分:使用する場合は有効、使用しない場合は無効を選択します。
    ※初期設定で有効になっている勤務休暇区分は無効に変更することはできません。
    その他の項目は必要に応じて変更してください。


勤務休暇区分の新規登録

勤務休暇区分を新規で登録する手順です。

  1. 画面上部の+アイコンをクリックします。


  2. 勤務休暇区分の新規登録画面で設定を行います。


<基本情報>

1.コード

自動で採番されます。他のシステムとの連携時などに使用します。

2.名称

名称を入力します。

3.略称

略称を入力します。

4.利用区分

使わなくなった場合は無効を選択します。

<共通設定>

5.タイプ

使用するタイプを選択します。

    • 勤務(打刻有):出勤して実打刻を行う区分
    • 勤務(打刻無):出張など打刻を行わない区分
    • 欠勤:半日欠勤などに利用する区分
    • 休暇:年末年始休暇などに利用する区分(年次有給休暇は下記の専用区分を使います)
    • 年次有給休暇:年次有給休暇に利用する区分
    • 所定休出:所定休日に出勤する区分
    • 法定休出:法定休日に出勤する区分
    • 所定休日:所定休日を指定します
    • 法定休日:法定休日を指定します
    • 代休:代休を指定します
    • 振替休出:振替休日に出勤する区分
    • 振替休日:振替休日を指定します

6.日数

何日とカウントするかを設定します。半日扱いとしたい場合は、0.5と入力してください。

7.勤務日数

タイプを「年次有給休暇」を選択している場合のみ、勤務日数に含むかどうかを選択できます。タイプ「年次有給休暇」以外を選択した場合は変更することはできません。

8.時間入力

「しない」を選択すると時間を入力することができません。時間を入力する必要がない場合は「しない」を選択することで間違って入力するこを防ぐことができます。

9.定型時刻

有給9:00-18:00のように入力する時刻が決まっている場合は定型時刻を登録すると、勤務区分を選択すると定型時刻が自動的に反映されます。


<勤怠設定>

10.交通費対象

交通費の支給対象にするかどうかを選択します。

11.遅刻早退対象

遅刻早退を計算するかどうかを選択します。

12.時間丸め対象

入力した開始時刻、終了時刻を丸めるかどうかを選択します。対象とした場合は、労働条件の打刻/休憩タブで設定した丸めが適用されます。


<計算設定>

13.所定内対象区分

登録した時間を含めて残業計算する場合は対象を選択してください。対象外を選択した場合は、登録した時間を除いた時間で残業計算されます。

14.法改正残業累積対象区分

60時間残業の計算に含むかどうかを選択します。

15.有給出勤率対象

有給休暇を付与する際の出勤日数に含むかどうかを選択します。

16.平均賃金の暦日数対象

平均賃金を算出する際の暦日数に含むかどうかを選択します。

17.平均賃金の支給対象

対象を選択すると該当勤務区分は平均賃金額で支給されます。


<表示設定>

18.支給日グループ表示制御

支給日グループごとに勤務実績、シフト画面で勤務区分を使うかどうかを選択できます。チェックを入れない支給日グループのスタッフは該当勤務区分が選択できません。

19.スタッフへの表示

スタッフサイトで表示させるかどうかを選択します。スタッフ自身で登録はさせたくない勤務区分がある場合はしないを選択します。

※平均賃金の設定についてはこちらをご確認ください。

勤務休暇区分の検索

勤務休暇区分をタイプ、所定内対象区分等で検索することができます。

  1. 虫メガネの+アイコンをクリックします。


  2. タイプ、所定内対象区分、限度超過残業対象、有給出勤率対象、キーワードを選択して勤務休暇区分の検索が行なえます。


※勤務休暇区分の詳細を一度に確認するために、エクスポートの機能を用意しています。
詳細はこちらからご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
Scroll