Doreming > 勤怠 > 承認作業(管理者の方へ) > 勤務実績を承認する(管理者操作)

勤務実績を承認する(管理者操作)

img

2 weeks ago 更新

【管理者向け】

勤務実績の承認手順をご紹介します。

実績の承認は管理者の勤務実績画面と、管理者が受取る実績承認メールから行なえます。
月末に処理を溜めないためにも毎日承認される運用を推奨します。
また、勤務実績の承認を行なうことで計算結果が最新の状態に更新されます。
社会保険、所得税、勤務休暇区分の設定変更を行なった場合も勤務実績の承認を行なうことで給与明細に反映させることができます。

勤務実績画面から承認する

管理者サイトへログインして承認する手順です。

以下では、企業管理者が実績を承認する例です。

  1. 勤怠勤務実績をクリックします。


  2. 勤務実績の一覧が表示されます。
    スタッフ、日付の検索方法はこちらの記事をご確認ください。

    1. 承認したいスタッフの実績にチェックを入れます。
    2. 更新をクリックします。

  3. 勤務実績が承認されます。

    承認された実績は、承認欄*1にチェックがつきます。また、実績欄も編集ができなくなります。
    ※編集をしたい場合は、実績にチェックを入れ、オレンジの承認解除をクリックします。


    *1 承認欄のアイコンについて左から

    • 本人承認:スタッフ本人の承認
    • 当日グループ管理者承認:応援勤務(他のグループでの勤務)時のグループ管理者の承認(応援勤務があった場合にのみチェックが入ります)
    • 所属メイングループ管理者承認:スタッフが所属しているメイングループ管理者の承認
    • 組織階層管理者承認:グループの階層が作られている場合、階層上位のグループ管理者の承認(上位にある組織階層の数だけ表示されます)
    • 企業管理者承認:企業管理者の承認

      ※右にいくほど権限上位者になります。ついているチェックの左の権限を持つ方はそれ以降は実績の編集ができなくなります。

      例)所属しているメイングループ管理者が承認 → スタッフは編集不可
      企業管理者が承認 → 以降は全員編集不可


実績承認メールから承認する

労働条件の通知設定で退勤時の承認通知メールを送る設定にし、管理者への承認メール送る設定にするとスタッフが実績を承認後に管理者にも実績承認メールが送られます(スタッフが実績の承認をキャンセルした場合は送られません)。労働条件の通知設定については、こちらの記事をご確認ください。
管理者は受取ったメールから承認ボタンをクリックすることで実績の承認が行なえます。

  1. 管理者 勤務実績承認メールから承認をクリックします。


  2. 承認が完了します。



    勤務実績の承認手順は以上です。
この記事は役に立ちましたか?
Scroll