Doreming > 勤怠 > 勤務実績 > 実績|早出と延長時間の登録

実績|早出と延長時間の登録

img

2 years ago 更新

【管理者向け】

早出・延長時間の登録手順を紹介します。

早出・延長時間の登録は、出退勤の丸め設定でシフト時刻や指定時刻で丸める設定にしている場合に使います。
出退勤時間をシフト時刻、指定時刻で丸める設定は労働条件で設定します。こちらの記事をご確認ください。

例)出、退勤をシフト時刻で丸める設定
シフト   09:00-18:00
打刻    08:00-19:00
計算元時間 09:00-18:00
として計算されます。
予定していたシフト開始時刻より前から出勤しその時間を勤務時間に計上する場合は早出延長、予定していたシフト終了時刻から引き続いて働きその時間を勤務時間に計上する場合は延長に登録します。
上記のような場合に、08:00-19:00を勤務時間として計上するには、シフト開始前の08:00-09:00を早出延長に登録、シフト終了後の18:00-19:00を延長に登録します。


早出延長時間の登録

ここでは例として、出勤時間をシフト時刻で丸める設定のスタッフがシフト開始時刻(09:00)より前の06:54に出勤し、06:54-09:00までを勤務時間に計上する手順をご紹介します。

  1. 詳細をクリックしシフト時間を確認します。


  2. シフト時刻で丸める設定になっているため、06:54に出勤打刻した分はシフト開始時刻9:00に丸められ計算元時間が9:00になっています。


  3. 早出延長時間を登録します。
    06:54から09:00までの時間を勤務時間に計上するため、早出延長欄に06:54-09:00と入力し更新をクリックします。


  4. 計算元時間が06:54-18:00に変わり、勤務時間も10:06になりました。
    (実績の変更をしたため、背景が黄色に変わっています)



延長時間の登録

ここでは例として、退勤時間をシフト時刻で丸める設定のスタッフがシフト終了時刻(18:00)以降も勤務し、18:00-20:31までを勤務時間に計上する手順をご紹介します。

  1. 詳細をクリックしシフト時間を確認します。


  2. シフト時刻で丸める設定になっているため、20:31に退勤打刻した分は18:00に丸められ計算元時間も18:00までになっています。


  3. 延長時間を登録します。
    18:00から20:31までの時間を勤務時間に計上するため、延長欄に18:00-21:31と入力し更新をクリックします。


  4. 計算元時間が09:00-20:31に変わり、勤務時間も10:31になりました。
    (実績の変更をしたため、背景が黄色に変わっています)


    早出延長と延長時間の登録する手順は以上です。

    延長時間はスタッフが申請し管理者が承認する方法で登録することも可能です。こちらをご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
Scroll