Doreming > 設定 > スタッフ/スタッフの労働条件 > スタッフ労働条件一括編集で給与設定を行う

スタッフ労働条件一括編集で給与設定を行う

img

11 months ago 更新

【管理者向け】

スタッフ労働条件一括編集画面で複数のスタッフの給与設定を行う手順をご紹介します。

スタッフ労働条件一括編集画面では、スタッフの給与、手当・控除、社会保険、税金の設定が行なえます。

CSVデータでインポートする手順は、下記のリンクをご確認ください。


以下は、スタッフ労働条件一括編集画面での設定手順です。

  1. 設定ースタッフ労働条件をクリックします。


  2. 検索エリアから設定したいスタッフの支給月、支給日を検索します。



    給与設定を行う(基本給・割増単価の設定)


    1. 給与を選択します。
    2. 給与区分を「月給/固定時給/時間帯別時給/日給」から選択し、金額を入力します。
      (時間帯別時給の設定は設定ースタッフの労働条件の給与設定画面から金額の設定を行ってください。)
      ※給与区分を月給にした場合、残業や深夜手当の基準となる割増単価が設定できます。
       ・固定単価とする場合は、割増賃金単価を入力してください。
       ・自動計算の単価とする場合は、割増単価を計算単価にしてください。
        ⇒計算単価の計算方法についてはこちらの記事をご確認ください。


    3. 設定したいスタッフにチェックが入っていることを確認します。
    4. 保存をクリックます。
      他の項目を設定する場合は、1.欄のボタンをクリックして設定項目を切り替えてください。

      ※適用終了日が9999/12/31と表示されている場合は、設定内容は選択している支給月以降も引き継がれますが
      適用終了日が下記のように2019/7/31などと表示されている場合は、設定内容は開始日~適用終了日の期間のみに適用されます。
      必要に応じて翌支給月以降の設定も行ってください。





    交通費の設定を行う



    1. 交通費を選択します。
    2. 交通費区分から月計算/日計算/少ない方を選択し各欄に金額を入力します。
      少ない方は、月計算と日計算両方に金額を設定し1か月の合計額が少ない金額が支給される設定です。
    3. 設定したいスタッフにチェックが入っていることを確認します。
    4. 保存をクリックます。 
      他の項目を設定する場合は、1.欄のボタンをクリックして設定項目を切り替えてください。

      ※適用終了日が9999/12/31と表示されている場合は、設定内容は選択している支給月以降も引き継がれますが
      適用終了日が下記のように2019/7/31などと表示されている場合は、設定内容は開始日~適用終了日の期間のみに適用されます。
      必要に応じて翌支給月以降の設定も行ってください。





    手当の設定を行う
    ※事前に手当マスタに登録が必要です。手当マスタの登録手順は、こちらの記事をご確認ください。



    1. 手当を選択します。
    2. +アイコンをクリックすると、手当マスタに登録されている手当が表示されます。
      金額を入力または選択します。手当マスタで手当の単価を登録してある場合はその単価を選択できます。
      (手当の区分が「月固定」「勤務回数」「勤務時間」のタイプは金額入力ができます。)
    3. 設定したいスタッフにチェックが入っていることを確認します。
    4. 保存をクリックます。
      他の項目を設定する場合は、1.欄のボタンをクリックして設定項目を切り替えてください。

      ※適用終了日が9999/12/31と表示されている場合は、設定内容は選択している支給月以降も引き継がれますが
      適用終了日が下記のように2019/7/31などと表示されている場合は、設定内容は開始日~適用終了日の期間のみに適用されます。
      必要に応じて翌支給月以降の設定も行ってください。


      選択した手当を登録済、または未登録のスタッフを絞り込んで表示させることもできます。




    控除の設定を行う
    ※事前に控除マスタの登録が必要です。控除マスタの登録手順は、こちらの記事をご確認ください。



    1. 控除を選択します。
    2. +アイコンをクリックすると、控除マスタに登録されている控除が表示されます。
      金額を入力または選択します。控除マスタで控除の単価を登録してある場合はその単価を選択できます。
      (控除の区分が「月固定」「勤務回数」「勤務時間」のタイプは金額入力ができます。)
    3. 設定したいスタッフにチェックが入っていることを確認します。
    4. 保存をクリックます。
      他の項目を設定する場合は、1.欄のボタンをクリックして設定項目を切り替えてください。

      ※適用終了日が9999/12/31と表示されている場合は、設定内容は選択している支給月以降も引き継がれますが
      適用終了日が下記のように2019/7/31などと表示されている場合は、設定内容は開始日~適用終了日の期間のみに適用されます。
      必要に応じて翌支給月以降の設定も行ってください。


      選択した控除を登録済、または未登録のスタッフを絞り込んで表示させることもできます。




    社会保険の設定を行う
    ※事前に社会保険事業所の登録と、労働条件への設定が必要です。
    社会保険事業所の登録は、こちらの記事をご確認ください。
    社会保険事業所を労働条件へ設定する手順は、こちらの記事をご確認ください。



    1. 社会保険を選択します。
    2. 標準報酬月額は等級欄の選択をクリックすると、月額表が表示されますのでスタッフに適用する等級を選択します。

      月額表では、健康保険と厚生年金保険の等級が並列して表示されています。
      ( )カッコ内の等級が厚生年金保険の等級です。


      健康保険・介護保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険を対象/非対象を選択します。
      健康保険・介護保険・厚生年金保険で対象が選択されると、2.で選択した等級に応じて自動的に保険料がセットされます。

    3. 設定したいスタッフにチェックが入っていることを確認します。
    4. 保存をクリックます。 
    5. 他の項目を設定する場合は、1.欄のボタンをクリックして設定項目を切り替えてください。


    税金の設定を行う



    1. 税金を選択します。
    2. 所得税の甲乙丙の区分、甲の場合は扶養親族数を入力します。
      住民税
      を対象/非対象を選択し、各月の住民税額を入力します。
    3. 設定したいスタッフにチェックが入っていることを確認します。
    4. 保存をクリックます。
      他の項目を設定する場合は、1.欄のボタンをクリックして設定項目を切り替えてください。


スタッフ労働条件一括編集については以上です。

この記事は役に立ちましたか?
Scroll