Doreming > 設定 > 労働条件の設定 > 通知タブ|残業アラート

通知タブ|残業アラート

img

1 month ago 更新

【管理者向け】

残業アラート

残業の限度として設定した時間に月度内の残業予測時間が達した際に、アラートを出すことができます。
「限度時間より●時間前に出す」設定も可能です。

※残業予測時間は、月初からの勤務で発生した残業時間と、登録済の未来シフトを基に算出されます。

限度時間は45時間が初期値でセットされています。アラートを出す限度時間設定と、
通知をスタッフ・管理者に出す/出さないの設定を行ってください。

※管理者に通知する設定にした場合は企業管理者、グループ管理者どちらにも通知されます。
※通知する設定にした場合、管理者にはメールと画面上での通知がされ、スタッフには画面上の通知のみがされます。

設定手順

  1. 設定ー労働条件をクリックします。



  2. 労働条件の名称をクリックします。



  3. 企業締めが完了している月度、及び現在から前後2ヶ月の範囲外での設定はできません。
    ※企業締めは解除することで設定が可能になります。
    適用開始年月度については、こちらの記事をご確認ください。



  4. 通知タブをクリックします。
    残業アラートに以下の設定を行います。

    【残業時間合計】・・・残業の限度時間を設定します。この時間を超える残業が発生した時点でアラートが出されます。
              (36協定での上限時間外労働は原則月45時間のため、初期値として45時間が設定されています。)

    【●時間前からアラート】・・・上記限度時間より前に「警告時間」アラートも出したい場合はこの欄に時間を設定します。

    【管理者へ通知】・・・「送る」にすると、アラートが管理者画面へ通知されます。メールアドレスが設定されている場合はメールも配信されます。

    【スタッフへ通知】・・・「送る」にすると、アラートがスタッフ画面へ通知されます。※スタッフにはメールは配信されません。



  5. 設定が済みましたら、画面下部の更新ボタンをクリックします。これで設定完了です。


残業アラート通知のされ方

■管理者サイト

警告時間超過時・・・管理者サイトの右上のベルマークに通知が表示され、クリックすると警告時間に達したスタッフが分かります。
通知内の矢印マークをクリックすると、該当月の勤務実績画面が表示されます。

 

            

管理者にメールアドレスが登録されている場合は、以下のようなメールも同時に配信されます。
本文中の確認はこちらからをクリックすると、該当スタッフ該当月の勤務実績画面が表示されます。

    


限度時間超過時・・・管理者サイトの右上のベルマークに通知が表示され、クリックすると限度時間に達したスタッフが分かります。
通知内の矢印マークをクリックすると、警告時間超過時と同様に該当月の勤務実績画面が表示されます。


管理者にメールアドレスが登録されている場合は、以下のようなメールも同時に配信されます。
本文中の確認はこちらからをクリックすると、警告時間超過時と同様に該当スタッフ該当月の勤務実績画面が表示されます。



■スタッフサイト
 (※スタッフへの通知は画面上のみです。メールでの通知はされません。)

警告時間超過時・・・スタッフサイトの右上のベルマークに通知が表示され、クリックすると警告時間に達したことが分かります。
通知内の矢印マークをクリックすると、該当月の勤務実績画面が表示されます。

                     


限度時間超過時・・・スタッフサイトの右上のベルマークに通知が表示され、クリックすると限度時間に達したことが分かります。
通知内の矢印マークをクリックすると、警告時間超過時と同様に該当月の勤務実績画面が表示されます。



残業アラートについての説明は以上です。

この記事は役に立ちましたか?
Scroll