労働条件を登録する

img

4 months ago 更新

【管理者向け】

労働条件を作成する手順の説明です。

〔1〕労働条件の登録・更新手順
〔2〕開始月度について
〔3〕労働条件の初期値について





〔1〕労働条件の登録・更新手順

  1. 設定ー労働条件をクリックします。



  2. ページ上部+アイコン:新規登録をクリックします。



  3. 労働条件を紐付ける支給日グループを選択します。
    (支給日グループを新規登録することもできます。支給日グループについては、こちらをご確認ください。)



  4. 基本情報の登録を行います。




     コード 入力は任意です。(未入力の場合は自動採番されます。インポートやエクスポート時に労働条件の名称の代わりとしてコードが使われます。)


     支給日グループ 労働条件に紐付ける支給日グループを選択します。
    (3.で選択したものが入力されています。)


     名称 労働条件の名称を入力します。


     給与方式 日本を選択します。(他にベトナム、インドが選べます。どの国の給与方式かを選択してください。)


     開始年月度 前後2ヶ月の範囲で選択ができます。適用開始年月度については、こちらをご確認ください。


     事業所 労働条件に適用する社会保険事業所を選択します。事前に社会保険事業所を設定しておいてください。社会保険事業所の設定については、こちらの記事をご確認ください。


     備考 メモとしてお使いください。

  5. 各タブを設定していきます。
    設定が終わりましたら、ページ下部の登録をクリックします。(タブごとに登録を押す必要はありません。)






    下記リンクより設定詳細をご確認いただけます。
    【勤怠】
      所定労働 所定労働時間、残業計算の方法を設定します。
      打刻/休憩 丸めの設定と休憩時刻の設定を行います。
      有給付与方式 有給付与方式を選択します。
    【給与】
      給与/交通費 給与額、給与振込、交通費の設定を行います。
      割増/深夜 深夜時間の設定、時間外労働に対する割増率の設定を行います。
      手当控除 給与計算に用いる手当と控除項目を選択します。
    【その他】
      通知 スタッフ、管理者へ勤務前確認などの通知を出す設定を行います。
      操作許可設定 スタッフ、グループ管理者に許可する操作を設定します。
      スタッフタグ スタッフに付与する職位(役割やポジションなど)を選択します。






    〔2〕労働条件の開始年月度


    労働条件の適用開始年月度についての説明です。


    労働条件を設定する場合には、開始年月度を指定する必要があります。

    開始年月度の設定は、

    • 現在月から前後二ヶ月の範囲内で設定ができます。
      例)現在月:2018年8月
      適用開始年月度は2018年6月〜2018年10月の範囲で設定が可能です。


    • 企業締めされている月度は更新できません。
      企業締めされている月度の労働条件を更新しようとすると、下図のメッセージが表示されます。
      (企業締めを解除すると更新ができるようになります)


      ※給与振込が完了している月度でも企業締めが行われていない限り更新が可能です。
      給与支給日が過ぎている場合は、下図のような確認メッセージが表示されます。


    • 設定履歴内から過去の適用期間を指定する場合は、その対象期間のみ設定が反映されます。
      例)2018年10月1日〜適用開始の労働条件作成済
      2018年7月1日〜2018年9月30日の期間の労働条件を更新する場合
      →更新内容が反映されるのは、2018年7月1日〜2018年9月30日の労働条件になります。
      ※2018年10月1日〜適用開始の労働条件には反映されません。


    労働条件の開始年月度について説明は以上です。






    〔3〕労働条件の初期値について

    必要に応じて設定を変更しご利用ください。
    各タブの設定詳細についてはリンク先をご参照ください。

    勤怠関連

この記事は役に立ちましたか?
Scroll