Doreming > 設定 > 労働条件の設定 > 所定労働カレンダーの更新

設定

所定労働カレンダーの更新

img

10 months ago 更新

【管理者向け】

労働条件の所定労働カレンダーを手入力で設定している場合は翌年に設定内容が自動でコピーされますが(※)、自動計算の設定にしている場合は翌年にコピーはされませんので所定カレンダーの内容を確認し必要に応じて更新を行ってください。
※11/25、12/25に翌年へのコピー処理が自動で行われます。

労働時間を手入力で設定している場合





11/25,12/25に各月の労働時間が翌年にコピーされます。
ただし、自動でコピー処理されるより前に翌年の所定労働カレンダーを事前に更新していた場合はコピーされません。(※)


法定内残業時間を計算する設定にしている場合は、下記の所定労働時間が翌年にコピーされます。




法定休日数を手入力で設定している場合



各月の所定労働日数、法定休日日数、法定労働時間が翌年にコピーされます。
ただし、自動でコピー処理されるより前に翌年の所定労働カレンダーを事前に更新していた場合はコピーされません。(※)


(※)自動でコピー処理される日(11/25,12/25)より前に、労働条件で翌年の所定カレンダーを表示させて更新を行った場合、翌年のカレンダーがその更新時の日数、時間で保存されるため、翌年に自動でコピーはされません。


所定カレンダーの更新は必要に応じて行ってください。
残業の計算を「月で計算」、「月間変形労働時間で計算」の場合は、残業の計算に影響がありますのでご確認ください。


  1. 設定ー労働条件をクリックします。


  2. 労働条件をクリックします。


  3. 所定労働カレンダーが表示されます。
    労働時間を自動計算に設定している場合、各月の労働日数を変更すると1日の所定労働時間×労働日数で各月の労働時間が自動計算されます。





    法定内残業時間の計算する設定の場合、法定休日数、法定労働時間の欄が表示されています。





    所定労働時間を自動計算で設定している場合、各月の所定労働日数を変更すると1日の所定労働時間×所定労働日数で各月の所定労働時間が自動計算されます。






    労働時間(所定労働時間)を手入力で設定している場合は直接労働時間(所定労働時間)欄に入力できます。










  4. 開始年月度を2022年1月で更新します。
    (年が変わって1月度に上記更新作業を行う場合は1月で、前年の12月度に更新作業を行う場合は開始年月度は12月を指定して更新を行っていただいても構いません)












 

この記事は役に立ちましたか?
Scroll