Doreming > 設定 > 労働条件の設定 > 応援勤務用の労働条件タブ|従業員応援勤務時の労働条件

応援勤務用の労働条件タブ|従業員応援勤務時の労働条件

img

1 year ago 更新

【管理者向け】


応援勤務とは?

他店舗への応援など、自身が所属するメイングループ以外での勤務のことを指します。


応援勤務用の労働条件とは?

どこで勤務をしても同じ労働条件で計算を行う場合は応援勤務用の労働条件の作成は不要です。
「受け入れスタッフの休憩設定と打刻設定は変更したい。」場合に応援勤務用の労働条件を作成してください。
打刻、休憩設定以外はスタッフに適用されている労働条件に従います。

応援先ごとの時給設定は スタッフ労働条件をご参照ください。


設定手順

〔1〕応援勤務用の労働条件作成
〔2〕基本労働条件の打刻と休憩タブに応援勤務時の動作指定
     ・常に基本労働条件を使う(初期設定はこちらです)
     ・応援勤務をしたときは、打刻と休憩は応援勤務用の労働条件に従う






〔1〕応援勤務用の労働条件作成

  1. 設定ー労働条件をクリックします。



  2. 応援勤務労働条件をクリックします。



  3. をクリックします。



  4. 支給日グループを選択し、次へをクリックします。
    ※応援勤務労働条件は、同じ支給日グループが適用される労働条件でのみ反映されます。
    (登録されている支給日グループ以外の支給日グループを追加したい場合は、「+支給日グループ新規登録」をクリックして、支給日グループを新規登録してください。)



  5. 勤務グループをクリックします。



  6. 応援勤務の設定を使いたい勤務先グループを選択します。



  7. 本労働条件の使用を開始する年月度を選択します。
    (適用開始の月度は、現在月から前後二ヶ月の範囲で選択が可能です。)



  8. 打刻、休憩の設定をし、登録をクリックします。



  9. 応援勤務労働条件が作成されました。


応援勤務労働条件を作成する手順は以上です。







〔2〕基本労働条件の打刻と休憩タブに応援勤務時の動作指定

次に、応援勤務労働条件を使用する手順をご紹介します。

  1. 設定ー労働条件をクリックします。



  2. 労働条件の名称をクリックします。
    ※応援勤務労働条件と同じ支給日グループを持つ労働条件を選択してください。


    過去の設定履歴から変更したい場合は、名称の右隣のアイコンをクリックしてください。


    設定履歴の中から設定を反映させたい月度がある期間をクリックします。
    ただし、企業締めが完了している月度、及び現在から前後2ヶ月の範囲外での設定はできません。
    ※企業締めは解除することで設定が可能になります。
    適用開始年月度については、こちらの記事をご確認ください。



  3. 打刻・休憩タブを開きます。



  4. 応援勤務で応援勤務労働条件を使うを選択します。



  5. 最後にページ下部の更新をクリックして設定は完了です。


以降、当労働条件が適用されるスタッフが応援勤務をするときは、応援勤務先の労働条件が適用されます。


  • 応援勤務のシフトを作成する手順はこちらの記事をご確認ください。


応援勤務労働条件を使用する手順は以上です。

この記事は役に立ちましたか?
Scroll